浄水器を使うメリットは

浄水器は日本全国で40パーセントの家庭が導入しているといわれます。ですが、まだ導入していない家庭では、浄水器にどんなメリットがあるのかさえ、まだ良く知られていません。浄水器には「ビルトイン」タイプと「直轄」タイプがあります。その中間タイプに「据え置き」があり、それぞれに違ったメリットがあるのです。

据え置きタイプはキッチンの場所を取りますが、購入して簡単に取り付けることが可能です。ビルトインタイプは水道と一体型になるので調理場所を邪魔することなく使えますが、工事する必要があるので費用面でも違ってきます。浄水器を設置することのメリットは、重い市販のペットボトルを購入する手間がなくなることや、ウォーターサーバーなど水の交換の必要もありません。そして浄水器のメリットは水道水に含まれる「塩素」を取り除くことでしょう。

塩素は野菜や果物などに含まれるビタミンを分解してしまい、せっかく健康のために摂っているはずの栄養素を十分に摂り込めていない可能性があります。また古くなった水道管から発せられる鉄サビ臭やカビ臭、それに発がん性物質として注目されている「クロロホルム」や「総トリハロメタン」のような危険な成分も取り除けます。高性能のフィルターならば最大で12の物質を除去し、蛇口から直接身体に良い、美味しい水を手に入れられるのです。導入する費用は掛かりますが、市販のペットボトルを購入しプラスチックを出さないことで地球環境にも良いことをしているといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *