アフターピル服用期間とローヤルゼリーの関係

アフターピルは性交での避妊に失敗した場合、緊急に服用されるピルで12時間以内であれば避妊の成功率が高くなるというデータも出ています。それは60時間~72時間にアフターピルを服用した場合と比べると8倍の違いが存在すると言われています。

そのため性交後、早めに服用すればするほど効果が高い特徴があります。ただアフターピルが推奨されているのは、性交後72時間以内の服用で、これには受精から着床までの期間が関係しています。

妊娠に至るのは、受精から着床まで日にちにして7日間という期間がかかります。そこでアフターピルを性交後の72時間以内に一度服用し、86時間目に二度目の服用を行い、7日間以内に消退出血を起こせば妊娠する可能性も低くなり、避妊に成功しやすくなるのです。

なおアフターピルによる避妊の失敗率は3.2%となっています。他の方法と比べると避妊の成功率が高いメリットが存在し、仮にコンドームが破けて避妊に失敗してもアフターピルを服用しておけば、十分に避妊が可能となります。

一方、ローヤルゼリーは、ミツバチの巣で生成される産卵のための女王蜂の栄養エキスです。ミネラル、たんぱく質、亜鉛などの極めて栄養価が高い成分を配合しており、ローヤルゼリーは不妊改善に優れたものとして注目されています。

避妊のためのピルと不妊改善のローヤルゼリーの関係性については、併せて服用しても関係性はほとんどないと言われています。ピルの効果を打ち消す成分がローヤルゼリーに含まれているわけではなく、ただ不妊改善に効果的な良質なたんぱく質やミネラル分が優れているだけだからです。

よって併せて服用し続けていても、お互いに干渉し合う関係にはならないです。それ以外でもローヤルゼリーには美容効果も優れ、体のあらゆるパーツの老化を防ぎ、生活習慣病の改善にも効果があります。

ページの先頭へ戻る