アフターピルの避妊成功率は?

アフターピルの避妊成功率については、性交渉を行った後に、すぐにアフターピルを服用できたか、それともかなり時間が経過してから、ピルを服用できたか?この時間についても、大きく避妊成功率は異なってきます。
アフターピルとは、性交渉を行う際には、当然ですが、男性にはコンドームをつけてもらい、妊娠を望まないカップルやご夫婦の場合には、上記のように避妊をすることが常識となっていますが、やむを得ない状況などから、または避妊などの失敗から、性交渉の際に、妊娠をしてしまった可能性がある場合に、女性が飲む薬のことです。
このようなアフターピルは、ホルモン避妊薬であり、これを飲むことで、避妊を回避することができ、望まない妊娠を避けることが可能となります。
避妊に失敗してしまったと分かった時点、性交渉を行い、出来るだけ早く気付いた時点で、おおよそ12時間以内、性交渉の後に12時間以内にアフターピルを飲めば、妊娠してしまう確率というものは、おおよそ0.5パーセントとされており、ほぼ、0パーセントという確率になっています。
しかし24時間を経過してしまった後に、このピルを服用した場合には、妊娠してしまう確率はおよそ3倍の1.8パーセントと跳ね上がります。
そのため、性交渉の後、妊娠してしまったかも、と分かった場合には出来るだけ迅速にアフターピルを飲む必要があり、上記のように、出来るだけ早く飲むことが、妊娠を避けることが出来る大きなポイントとなります。
また、60時間以内に服用した場合には、確立はかなり上がり、3パーセントほどまで、上昇します。
このようなことから、上記のように、出来るだけ早いアフターピルの服用が必要となってきます。

ページの先頭へ戻る