アフターピルの副作用は?

アフターピルの副作用については、多くの女性に見られる症状としては、まず強い吐き気などがあります。
また、胃痛などが激しく、吐き気が酷く、食欲が一気になくなる、このような副作用があるとされています。
また、この他にも、頭痛やめまい、胃痛、お腹の痛み、腰の酷い痛み、イライラとする感じ、抑うつ感、酷い倦怠感、手足などの酷いむくみ、このような症状が副作用として現れます。
アフターピルについては、ご存じのとおり、望まない妊娠を防止することが出来るとされる確率はおよそ0.5パーセントであるとも言われています。
ただしこれは、性交渉を行った後に、すぐにアフターピルを服用し、性交渉後から24時間以内に服用した場合の数値であり、72時間を過ぎてから、アフターピルを服用した場合には、妊娠をしてしまう確率は、倍ほどにも膨れ上がるとされています。
しかし、上記のように時間をしっかりと守れば、高い確率において、妊娠を回避することができるとされているお薬です。
アフターピルの構造については、女性ホルモンを調節することにより、妊娠してしまった場合、受精卵が女性の体に着床し、赤ちゃんが出来る構造となっていますが、それをホルモンバランスを崩すことによって、妊娠を回避するというものです。
そのため、通常の体の状態ではないことから、上記のように、酷い副作用として、吐き気や胃痛などが出てしまうようになっています。
また、同時にカンジダなどの性病にかかってしまう人もいることがあり、これは、体力がとても消耗してしまう関係などもあり、カンジダが性病として出てしまい、辛い思いをする方もおられます。
このように、アフターピルの副作用は、女性にとってとても辛いものです。

ページの先頭へ戻る