アフターピルと貧血と性病について

アフターピルは女性ホルモンと連動している薬であり、望まない妊娠を防いでくれるお薬となっています。

性交渉を行う際に、しっかりとコンドームなどをつけるなどして、避妊を行ったにもかかわらず、予期せぬことで、万が一、避妊を失敗した際には、アフターピルで緊急的に妊娠を防ぐことが出来るとされています。

ただ、アフターピルには副作用も大きくあり、主な副作用として、吐き気やめまい、下痢、嘔吐や頭痛、立ちくらみや酷い倦怠感、イライラした気持ち、また貧血などの症状が起こることがあります。

貧血などの症状については、上記の副作用のために、めまいや胃痛、お腹の痛みで、食べることが出来なくなる人が多く、そのため、通常通りに食事を行うことが出来ずに、ただベッドで倦怠感のために倒れていることが多くなってしまう生活から、貧血が起きやすいこともあります。

また、これも個人差ではありますが、上記のように食べ物が食べられなくなってしまう状態とは別に、体重が急激に増加してしまい、食欲が旺盛になってしまう女性の方も、一部ではおられます。

このように、女性にとっては、とても辛い症状が、アフターピルの副作用としては起きやすく、体にも大きな辛い異変が起きてしまうような形となっています。

上記のように、望まない妊娠である場合には、男性が避妊を行う場合には、しっかりとコンドームをつけることで、妊娠を防ぐことが可能となりますが、このコンドームは、同時に、男性にとっても大切なものであり、性病などを防ぐことが出来ると同時に、上記のように、妊娠を防ぐことが出来るものとなっています。

また、それとは別に、アフターピルを飲んでいると、上記の副作用とは別に、カンジダという性病にもなりやすい点が、女性の辛い点です。

ページの先頭へ戻る