アフターピルと薬と機能について

アフターピルと薬と機能について、アフターピルは女性のホルモンバランスととても密接な関係にあるお薬です。

アフターピルの機能については、性交渉を行った後に、その性交渉の際に、コンドームなどが破れてしまったなどのやむを得ない状況などから、万が一に妊娠してしまった可能性がある時に、妊娠を止めるために飲む薬であります。

このアフターピルは婦人科で処方してもらうことが出来ます。
または婦人科でも処方してもらうことが可能です。

ただ、アフターピルの使い方については、72時間以内、つまり3日以内に服用をすることがとても大切であり、時間との勝負になってきます。
これはなぜか?というと、妊娠になってしまう体のメカニズムと関わりがあり、またホルモンバランスとの関係があるからです。

性交渉を行えば、精子が膣内に入り、通常であればコンドームがそれを止める役割を担っていますが、このことが失敗した場合には、卵子と精子が受精を行い、子宮の内膜に着床が行われます。

その期間が6日から7日ほどかかるとされており、その着床までにピルを服用することで、受精卵が着床することを防止する、このことが、ピルの役割となっています。

この着床を止めることが出来ないと、つまりアフターピルをしっかりと時間内に飲まなければ、着床を止めることが出来ないため、妊娠を止めるためには、次の行うことになってしまうのは、中絶の手術になってしまうのです。
このことから、女性の体には莫大な負担と、お金、また精神的な負担がかかってしまいます。

また、アフターピル自体も、上記のように時間との勝負であり、飲めば、時間が早ければ早いほど妊娠の確率は低くなりますが、副作用が吐き気など酷いため、その覚悟も必要です。

ページの先頭へ戻る