アフターピルと同意書とプラセンタについて

アフターピルと同意書とプラセンタについて、プラセンタとは何か?ということについては、プラセンタとは
「胎盤」のことであり、この胎盤は心や体のバランスを保つ働きをしてくれます。

また、古代の中国や、エジプトのクレオパトラやフランスのマリーアントワネットなど、歴史の著名な人物も、このプラセンタを若返り及び、美容、美肌などの目的で使用していたとされているものであります。

このプラセンタですが、ホルモンバランスの調整などと関係があるものですので、当然ですが、アフターピルと一緒に服用していいのかどうか?このような疑問を持つ方も多いものです。

これはなぜか?というと、アフターピルも女性ホルモンの調整などを行い、受精卵が着床することを防ぐ働きを持っているものであり、同時に、プラセンタも女性ホルモンとの働きが強いものであることから、一緒に服用をしてしまうと、せっかくピルを飲んでも、妊娠を防げないのではないか?とされているからです。

プラセンタには効果として、しみや皺、肩こりや更年期障害などの辛さ、これらを取り除く効果があると同時に、先ほども記載した通り、美肌効果を得ることが出来ます。

そのため、服用している女性が多いものでもあります。

もし、このプラセンタのために、アフターピルを飲んだため、妊娠を防げなかった場合には、次には中絶手術となってしまいます。

このような場合には、性交渉を行った男性の同意書と、女性との同意書が必要になり、そこで中絶手術が行われる形となるため、かなり女性にとっても、辛い体験となってしまいます。

また同時に、アフターピルでの妊娠を防げた場合には、中絶とはなりませんが、上記のような手術の場合には、赤ちゃんを殺す行為となってしまうため、酷いトラウマが残ることもあります。

ページの先頭へ戻る