アフターピルとメチルアルコールと献血について

アフターピルは、避妊薬のことであり、万が一に性交渉に失敗してしまった場合に、それが望まない妊娠である場合には、その妊娠を避けるために、服用する薬です。
仕組としてはアフターピルは女性ホルモンに関連する薬となっており、受精卵が女性の体に着床をすることを防いでくれる役割があります。

上記のように、ホルモンバランスを調整するものであるため、かなりの副作用が、女性の体には出ることがあります。

このように、女性のホルモンバランスが変化するため、その期間には、頭痛や胃痛、嘔吐のような症状、頭痛、吐き気、イライラとした感じ、このようなものが女性の体には副作用として大きく出ます。
また、逆に良いメリットというものも存在すると言われ、それが女性ホルモンとの関係で、白髪が減るということがまれにあります。

白髪は、女性ホルモンの減少の関係から、白髪になると言われており、そのためアフターピルを服用することで、女性ホルモンが補われるため、白髪がなくなるとされています。

メチルアルコールについては、昔、戦時中などにお酒が無い場合に、飲んでしまい、失明してしまった人がいるという恐ろしい伝説が伝わるものですが、このように
人間が飲んでしまうと、失明の恐れがあります。メチルアルコールの摂取は、人にとって、大変に危険であり、また同時に、アフターピルなどと同様に摂取することは、極めて危険であるとされています。

また、献血についてですが、上記のようにホルモンバランスが崩れた状態であることから、かなりのダメージが女性の体には、アフターピルの副作用として、症状が出ています。

このことから、献血をどうしても受けなければならない際にも、血液を補充される患者さんのためにも、アフターピルを現在飲んでいるということを、必ず告げなければなりません。

ページの先頭へ戻る